金属アレルギーでお悩みの"あなた"へ

金属アレルギーでこんな思いしていませんか?

アクセサリーを着けると赤くなったり、かゆくなる。
18金やプラチナなどのジュエリーは高くて手が出せない。
市販のアクセサリーは金属アレルギー対応の物が少ない。

Lumoreはデザイナーの金属アレルギーがきっかけで誕生しました。

金属アレルギーって、触れると肌が赤くなる、触れている箇所に湿疹ができ痒くなるなどのイメージを持たれていると思います。しかし金属が直接アレルギーを引き起こすわけではありません。汗などで金属から溶け出した金属イオンが体内に入り、人が本来持っているタンパク質と結合してアレルゲンとなるのです。
イオン化しやすい金属としては、ニッケル、コバルト、クロムなどが挙げられます。
一方で金やプラチナ、銀などはアレルギーを起こしにくいとされています。しかしこれらは高価なため、いくつも持てるものではありませんよね。毎日気兼ねなくおしゃれしたい、そんな想いに応えたくてLumoreは比較的安価でアレルギーを起こしにくいk14gfを使い、手が届きやすい価格にしています。

k14gf(14金ゴールドフィルド)とは?

上記で書いたアレルギーを起こしにくいk14gf(または14kgf)のご説明です。
金属の総重量のうち1/20以上が14金で出来ている金張り加工のことを言います。k14gfはゴールドメッキの100倍程の厚さの14金プレートを圧着させているため、長時間使用してもメッキのように変色したり、剥がれたりする心配はほとんどありません。お手入れをしていれば10金や18金と同じように長くお使い頂けます。海外ではジュエリーとして扱われている程、金属アレルギーを起こしにくい素材です。
※アレルギーについては個人差があります。

オフィシャルショップ

SHOP of Lumore